冬の合宿免許は狙い目

バナー

冬の合宿免許は狙い目

合宿免許といえば2週間前後泊まりこみで免許証の取得を目指すものなので、学生が長期休暇を取れるときに集中します。しかし、春や夏に比べて冬の休暇中が意外と人気がありません。もちろん休暇期間が短いというのもありますが、大きいのは雪の影響です。



合宿免許は教習所のスペースがあって、ホテルと提携出来て、敷地や施設の安いところに作られているので、山間部や郊外に集中しています。



そうなると冬には雪に見舞われる可能性が高いです。

雪道というとスリップなどで事故にあう可能性が高く、初心者には難しいですし、そもそも雪の影響で道路が封鎖されるかもしれません。
しかし、心配することはありません。
まず、路上教習中には必ず教官が乗っているので、適切なアドバイス、万が一の際のブレーキなどがついているので安心感があります。

通常の道路であれば慣れればそれほど難しくありませんが、雪道というのは普段利用する回数も少ない都心部に住む人にとっては非常に難しいものです。
しかし、それも初心者の時期に経験しておけば運転技術も上がります。
次に、道路ですが、これは除雪されるので問題ありません。
特に雪国であるほど必ず除雪が行われます。


というのも、郊外に暮らす人にとっては自動車は必須であり、道路は生活幹線となっています。


ですから、必ず除雪車により除雪が行われます。



また、もし雪の影響で合宿が延長すれば追加代金は誰が支払うかという問題にもなりかねませんので、一般道路だけではなく教習所内の除雪も必ず行われます。

ですから、合宿免許では雪の影響はなく、以外と人が少なく狙い目ともなります。

また、空いた時間にスキーやスノボなどで遊びに出かけることができるのもリゾート気分が楽しめてよいでしょう。