合宿免許は出会いの場にもなりうる

バナー

合宿免許は出会いの場にもなりうる

自動車や自動二輪車の免許を取るには、運転免許試験場で直接、学科試験と技能試験を受験する一発試験と自動車教習所(自動車学校)で仮免試験や卒業試験に合格してから運転免許試験場で拓一式の運転免許試験を受験する2パターンがあります。


自動車教習所には、公認と非公認があり、公認では運転免許試験場での技能試験が免除されますが、非公認であれば一発試験と同様に、学科試験と技能試験を受ける必要があります。
自動車教習所には通学型と合宿型(合宿免許)があり、両型ともメリットとデメリットがあります。

通学型の自動車教習所は、アクセス環境の良い都心部にもあり、少子化の今日では自宅近くまでの送迎サービス・カフェテリア完備・WIFI対応など様々なサービスがあります。

通学型のデメリットは、自分が取りたい時間に教習時間が取れないことが多く、免許を所得するまでに時間を要します。
合宿免許の自動車教習所は、スケジュール管理は教習所が行うので、効率的につまり短期間で免許を所得することができます。

通学型は通うも通わないも生徒の意志ですが、合宿免許では宿泊施設に限りがあるので定員数があり、一定期間に卒業(合格)させないと、自動車教習所の経営に悪影響を及ぼすため、親身になって指導をしてくれます。



合宿免許が受けられる自動車教習所は、郊外にあるため生徒間の関係が密になります。



20歳前後の男女が、同じ目的に向かって励まし合えば、恋が芽生えるのは必然のことです。


自動車教習所は出会いの場であることは、昔も今も変わらず、より濃密な関係になるのが合宿免許であることは、昔も今も変わりません。